アブラボウズ
TVでよく幻の魚と紹介されてます。
11月下旬ぐらいから少しずつ姿を見せ始めます。12月も旬として載せるにはまだ早い気もしますが、12月になると1日で2-3本上がる日がでてきます。

このアブラボウズ。
めっちゃアブラのってます。
ノリにノッテてます。

だからアブラボウズ。


しかし、食べ過ぎ注意なんです。
アブラがハンパ無いです。アブラの強いラーメンを食べすぎると下痢するという話を聞きますが、食べ過ぎると近いものがあります。エンガワやサーモンの比ではありません。サーモンやエンガワ以上の脂乗りで美味しいです。

見かけたら美味しいので、ぜひ食べていただき、食べ過ぎは注意してくださいね。

泳ぎ スルメイカ!

江戸や鮨八の仕入れ力の本領発揮の泳ぎイカ!

11月下旬から少しずつスルメイカが1杯、2杯と網にかかりだし、12月中旬過ぎになるとドーーーんと網にかかります。

イカの中でも弱く管理が難しいスルメイカですが、頑張って仕入れに走ります。肝を天ぷらにしたり、してくれた日には、もう~日本酒!日本酒!と相性バッチリです。

江戸や鮨八のメールをしっかりとチェックしてくださいね。

カツオ 本カツオ

12月の本カツオは、年にもよりますね。獲れれば美味しいですが、いない年は、まったく姿を見ません。そこは天然魚なのでしかたありません。姿を見ない時は、漁師さんも獲りに行きません。でも千葉近海に居ればそこは漁師魂が燃えるところでしょう。まぁ、残念ながら12月に銚子で獲れるカツオは、脂には期待しないでください。
でもカツオの旨味に期待して食べましょう。

 

黒鯛

秋の花鯛が終わり、春の真鯛が時季を迎えるまでの間は、この黒鯛で決まりです。

 

関西ではチヌと呼ばれ釣りマニアに人気を博しますが、関東ではそれほど知名度は高くないようです。

 

その見た目の黒さから、あんまり好評を聞かない魚ですが、この12月~冬の間の黒鯛を食べたらまったく別物です。アブラが乗りまくりです。ノリノリです。私もビックリしました。アブラが甘く黒鯛やるじゃん!っていいたくなると思います。

 

 

 

 

青あじ

青あじを堂々と語る鮨屋は少ないと思います。やはり真アジから比べると格下感のある魚には間違いないです。しかし、どっこい秋から冬の青アジのアブラのりといったら、真アジにも打ち勝つ脂乗りです。特にこの時季は、真アジの脂乗りは薄いので、青アジに軍配が上がります。なので、私は11月なら青アジを食べてください。真アジを売り切れにして青アジをおすすめしたりするのも江戸や鮨八流です。 

真アジ

 

11月ぐらいから青アジが良くなってきて、少し周回遅れでくるのが、真アジ。真打ち登場です。

今年ん!2021年は、12月10日ぐらいからいきなり良くなりました。 それまでの真アジを見ていたら、ここは青アジのほうが良いな。と思いつつ過ごしていたら一気に太って大きくなったアジが来るじゃありませんか、、、そら、ビックリです!

味のほう一気に良くなり、美味しくなります。アジの味の本番は三浦半島から。少し遅れて千葉のアジも来ますよ~

 

寒サワラ 沖サワラ

12月といえばやはり関東では、サワラ。

サワラは、漢字でかくと魚へんに春と書きます。

鰆。春が旬なのは関西で、関東では冬が旬です。
アブラがのって美味しいです。値段も美味しいですけどね。
そして、写真下の沖サワラ、カマスサワラとも呼ばれますが、上品な白身で脂のりは、薄いですが透明感のある上質な白身は、天下一品。師匠の長谷川大樹さんも大絶賛です。
このサワラ2019年、2020年となぜか年間を通して関東で獲れています。普通は、冬~春なんですけどね。

本かわはぎ

本カワハギとは、あまり聞きなれないかもしれませんが、あえて本をつけます。
カワハギの仲間でウマヅラハギというのがいますが、ウマヅラハギをカワハギとして売るお店が多いんです。しかし、これは地方の呼称であり産地偽装とも言えない問題があり、あえて鮨八では、本をつけて本カワハギと言いたいです。
そうそう、本題。

カワハギは10月ぐらいから肝が大きくなってきて、美味しい肝をもちます。その肝を醤油に絡めて、肝醤油でいただく本カワハギ。たまりません。この絶好の旬は2月ぐらいまで続きます。

ウスバハギ

 

こちらはあきらかにカワハギではありませんが、ハギがつくのでかわはぎの仲間にです。仲間だけにこちらも肝の美味しさは負けず劣らずです。ウスバハギが少し違うのは、肝が多いこと。カワハギよりも魚体が圧倒的に大きいこともあり、肝が多いんです。そうです、注文してみると、カワハギよりも肝の量が多いことに気づくと思います。ぜひ、並んでいるときには、多めの肝と共に食べてみてください。

真サバ

真サバは12月にはいり太ってきます。本領発揮です。また銚子のこの時季の真さばは一本で1キロオーバーの魚体も出てきて私達に美味しさを提供してくれます。このアブラののったサバをぜひ〆サバでたべたいものです。アブラと酢のハーモニーがたまりません。

また2020年は、この時季まで長井のゴマサバも絶好調でした。不思議とアブラノリが続いてました。12月も下旬だというのにお腹の中には、脂玉が入ってました。驚き!

吉次 きんき

 

メヒカリ

本名 青メエソ