アブラボウズ
TVでよく幻の魚と紹介されてます。
11月下旬ぐらいから少しずつ姿を見せ始めます。12月も旬として載せるにはまだ早い気もしますが、12月になると1日で2-3本上がる日がでてきます。

このアブラボウズ。
めっちゃアブラのってます。
ノリにノッテてます。

だからアブラボウズ。


しかし、食べ過ぎ注意なんです。
アブラがハンパ無いです。アブラの強いラーメンを食べすぎると下痢するという話を聞きますが、食べ過ぎると近いものがあります。エンガワやサーモンの比ではありません。サーモンやエンガワ以上の脂乗りで美味しいです。

見かけたら美味しいので、ぜひ食べていただき、食べ過ぎは注意してくださいね。

カツオ 本カツオ

12月の本カツオは、年にもよりますね。獲れれば美味しいですが、いない年は、まったく姿を見ません。そこは天然魚なのでしかたありません。姿を見ない時は、漁師さんも獲りに行きません。でも千葉近海に居ればそこは漁師魂が燃えるところでしょう。まぁ、残念ながら12月に銚子で獲れるカツオは、脂には期待しないでください。
でもカツオの旨味に期待して食べましょう。

 

寒サワラ 沖サワラ

12月といえばやはり関東では、サワラ。

サワラは、漢字でかくと魚へんに春と書きます。

鰆。春が旬なのは関西で、関東では冬が旬です。
アブラがのって美味しいです。値段も美味しいですけどね。
そして、写真下の沖サワラ、カマスサワラとも呼ばれますが、上品な白身で脂のりは、薄いですが透明感のある上質な白身は、天下一品。師匠の長谷川大樹さんも大絶賛です。
このサワラ2019年、2020年となぜか年間を通して関東で獲れています。普通は、冬~春なんですけどね。

本かわはぎ

本カワハギとは、あまり聞きなれないかもしれませんが、あえて本をつけます。
カワハギの仲間でウマヅラハギというのがいますが、ウマヅラハギをカワハギとして売るお店が多いんです。しかし、これは地方の呼称であり産地偽装とも言えない問題があり、あえて鮨八では、本をつけて本カワハギと言いたいです。
そうそう、本題。

カワハギは10月ぐらいから肝が大きくなってきて、美味しい肝をもちます。その肝を醤油に絡めて、肝醤油でいただく本カワハギ。たまりません。この絶好の旬は2月ぐらいまで続きます。

真サバ

真サバは12月にはいり太ってきます。本領発揮です。また銚子のこの時季の真さばは一本で1キロオーバーの魚体も出てきて私達に美味しさを提供してくれます。このアブラののったサバをぜひ〆サバでたべたいものです。アブラと酢のハーモニーがたまりません。

また2020年は、この時季まで長井のゴマサバも絶好調でした。不思議とアブラノリが続いてました。12月も下旬だというのにお腹の中には、脂玉が入ってました。驚き!

吉次 きんき

 

メヒカリ

本名 青メエソ